【 新規開設 】火災、地震保険以外にも…こんなにある!施設運営で知っておきたい損害保険

放課後等デイサービス・児童発達支援事業では、賠償責任保険の加入が義務づけられていないため、損害保険に加入せずとも指定申請に通ることができますが、施設運営において賠償のリスクは十分にありえるため、損害保険の加入は必要に応じて検討すべきです。

この記事では、放デイ・児発事業で検討すべき損害保険についてご紹介します。

 

火災保険・地震保険

火災・地震保険の画像

火災、大雨や台風、地震等の災害による被害は防ぎようがないこともあります。施設自体の火災保険や地震保険は、物件の契約時に強制的に加入される場合が多くあります。

 

外出時のケガや事故に備えた保険

外出時のレクリーエション保険の画像お子さまと一緒に施設外の場所に行く際は、ケガや事故が起きないように細心の注意を払う必要があります。

しかし、外出時はどうしても様々な事故やトラブルが起こりやすいため、お子さまを預かるサービスであることからも、市街地や、近隣に商店が多くあるなど施設の場所によっては加入検討をおすすめします。

 

福祉事業者向け損害賠償保険

適切な施設運営の中でも、例えば以下で示すようなリスクが起きる可能性がないとは言い切れません。

  • お子さまを預かっている際に、お子さまがころんで捻挫をした。
  • お子さまがスタッフとぶつかりドアの角に頭をぶつけて縫うケガを負った。
  • 施設で提供した食事により、お子さまが食中毒になった
  • 施設でお子さまが使うタオルケットを洗濯したところ、
    漂白剤が強く残っていたため、お子さまの肌に炎症が起きた。

こういったトラブルに対する、民間の損害保険会社が出す福祉事業者向け損害賠償保険の商品も増えてきました。施設運営時の、予期せぬトラブルに備えて、保険に加入することも検討しましょう。

 

加入義務はなくとも、加入の検討がおすすめ

加入の必要性は?の画像

放デイ・児発の指定申請にあたって、損害保険の加入は義務づけられていませんが、
福祉事業者向け損害賠償保険に加入していないと申請を受け付けない自治体もあります。

お子さま、保護者さま、従業者のためにも、開設時には損害保険の加入を検討しましょう。

 

もっと放デイ・児発のノウハウを知るためには?

もっと放デイ・児発のノウハウを知るためには?の画像

開設準備は、開設後の施設運営のノウハウを学ぶだけでなく、法人格の取得、資金調達、物件の契約・内装や備品の準備、職員の採用、利用者募集等、さまざまなことをおおよそ6か月ほどかけて準備していく必要があります。開設準備をスムーズに進めていくためには、専門のアドバイザーの助言を得ながら進めていくとが効率的です。

 

発達ナビでは新規開設専任スタッフによる無料の新規開設セミナーを毎月開催しています!

新規開設セミナーの画像

1年以内に放デイ・児発を開設される方にオススメ!開設専門アドバイス資料の進呈あり!

セミナー資料

新規開設の幅広い知識・経験をもった専任スタッフがノウハウを丁寧にお伝えします!

LITALICO発達ナビ新規開設専任スタッフの画像

  • 児童発達支援・放課後等デイサービスのマーケット全体像がわかる!
  • 開設後を見通した準備項目がわかる!
  • 開設準備のつまずきポイントと対策がわかる!
  • そのほか、資金調達・黒字化のための収益計画作成のコツがわかる!
  • 動画で施設見学ができる!…etc

発達ナビ_新規開設セミナー満足度

お持ちのパソコンやスマートフォンを使って、全国どこからでもセミナーへ無料参加できます。その他にも、新規開設専任スタッフと具体的な開設の相談ができる個別相談も実施しています。放デイ・児発の開設を検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

セミナーお申し込みボタン


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!