放課後等デイサービス・児童発達支援事業の消費税・法人税について

放デイ・児発の運営は、社会福祉サービスとして納税の義務が発生します。

この記事では、放デイ・児発ならではの消費税・法人税についてご紹介します。

「消費税」は非課税

消費税は非課税の画像消費税は、国内で事業者が事業として対価を得ている取引を課税の対象としています。

しかし、これらの取引であっても、消費に対して税の負担を求めることが馴染まないものや社会政策的配慮が必要な場合は、課税しない非課税取引が定められています。

社会福祉サービスも非課税取引の対象として定められており、具体的には、社会福祉法に規定する第一種社会福祉事業、第二種社会福祉事業などが当てはまります。

放デイ・児発事業は、児童福祉法に規定される障害児通所支援事業であるため、第二種社会福祉事業なので、消費税は非課税となりますが施設で提供する食事・おやつ・教材費などは課税対象となります。

 

「法人税」は法人形態によって変わる

法人税は課税の画像法人の事業内容は「収益事業」と「非収益事業」に分けられています。株式会社のような営利法人は、事業活動で得られた所得に対して法人税が課税されます。

一方、非営利法人は一般的に法人税が課税されません。ただし、「収益事業」で得た収益は課税対象として捉えられています。

国税庁が2017年に発表した「NPO法人が障害者総合支援法に規定する障害福祉サービスを行う場合の法人税の納税義務について」によると、「NPO法人等が実施する障害福祉サービスは収益事業である」と明記されているため、NPO法人が運営する障害福祉サービスでは、法人税が課税されるということになります。

 

税金に関する不安は専門家に相談する

税金に関しての不明点や、法人税を過去に未申告・未納の場合は、顧問税理士等にどのように対応したらよいか相談しましょう。

 

もっと放デイ・児発のノウハウを知るためには?

もっと放デイ・児発のノウハウを知るためには?の画像

開設準備は、開設後の施設運営のノウハウを学ぶだけでなく、法人格の取得、資金調達、物件の契約・内装や備品の準備、職員の採用、利用者募集等、さまざまなことをおおよそ6か月ほどかけて準備していく必要があります。開設準備をスムーズに進めていくためには、専門のアドバイザーの助言を得ながら進めていくと効率的です。

 

発達ナビでは新規開設専任スタッフによる無料の新規開設セミナーを毎月開催しています!

新規開設セミナーの画像

1年以内に放デイ・児発を開設される方にオススメ!開設専門アドバイス資料の進呈あり!

セミナー資料

新規開設の幅広い知識・経験をもった専任スタッフがノウハウを丁寧にお伝えします!

LITALICO発達ナビ新規開設専任スタッフの画像

  • 児童発達支援・放課後等デイサービスのマーケット全体像がわかる!
  • 開設後を見通した準備項目がわかる!
  • 開設準備のつまずきポイントと対策がわかる!
  • そのほか、資金調達・黒字化のための収益計画作成のコツがわかる!
  • 動画で施設見学ができる!…etc

発達ナビ_新規開設セミナー満足度2003-07

無料の新規開設セミナーは全てオンライン開催全国どこからでも参加いただくことができます。

また専任スタッフとの個別相談では、発達ナビが全国1,900施設の運営サポートをする中で得た多くの具体事例の紹介やコロナ禍での開設準備の⽴ちまわり⽅など、ご自身の状況に合わせたアドバイスや、疑問や不明点にもお答えいたします。

児発・放デイの開設を検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

1年以内の開設を目指される方におすすめ!

セミナーお申し込みボタン


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!