放課後等デイサービス・児童発達支援施設の送迎用の車両準備のポイント

放課後等デイサービス・児童発達支援事業の多くの施設では「送迎サービス」を実施しています。もし送迎サービスの実施を前提として開設する場合は、送迎用車両の準備が必要です。

この記事では、放デイや児発の送迎で必要な車両準備についてご紹介します。

放デイ・児発の施設に必要な車の車種と台数

放デイ・児発の施設に必要な車の車種と台数の画像

送迎をする際は、運転するスタッフと車内で安全管理するスタッフの2人が必要です。

例えば、お子さまの一日の利用定員数が15人(月平均10人/日)の場合、8人乗りのミニバンだと、1回の送迎ではお子さまを6人しか送迎できません。

お子さま全員を送迎するためには、8人乗りのミニバン1台で複数回送迎を行うか、ミニバンを複数用意して送迎を行なうかのどちらかになります。

 

送迎サービスを実施すると送迎加算を算定できる

送迎サービスを実施すると送迎加算を算定できるの画像

送迎サービスを実施することで、「送迎加算」を取得できます。また、加算の取得以外にも、お子さまを居宅等に送迎をする際に保護者さまとコミュニケーションがとれる時間もあります。施設からの連絡事項に加え、支援の振り返り等、積極的なコミュニケーションを心がけましょう。

参考:「放デイ・児発における送迎加算とは?

 

送迎車を複数台用意するかどうかを判断し調達する

送迎に複数台必要かどうかは、利用者の居住範囲によって決まります。

  • 利用者の住んでいるエリアが固まっている
  • 学校、施設、利用者の住んでいるエリアが近いため送迎に時間がかからない

このような条件が備わっている場合は、1台で複数回に分けて送迎することも可能です。

しかし、送迎にかかる移動時間と距離が長い、送迎先のエリアが分散している場合、送迎車両を複数台用意し、送迎する方が時間を短縮することができるので効率的です。

ご自身の施設を利用されるお子さまの実態に合わせて送迎車両を準備しましょう。

 

開設準備をスムーズに進めるためには

開業準備をスムーズに進めるためにはの画像

放課後等デイサービス・児童発達支援事業で送迎サービスを実施する場合は、送迎車両の調達も開設準備に含まれます。それ以外にも、法人格の取得、書類の作成、内装や備品の準備、利用者募集、職員採用等のさまざまなことをおおよそ6か月ほどかけて準備していく必要があります。開設準備をスムーズに進めていくためには、専門のアドバイザーの助言を得ながら進めていくとが効率的です。

 

LITALICO発達ナビでは…

新規開設セミナーの画像

1年以内に放デイ・児発を開設される方にオススメ!

新規開設専任スタッフによる無料の新規開設セミナーを、毎月開催しています。

 

 

新規開設専任スタッフのご紹介

LITALICO発達ナビ新規開設専任スタッフの画像

  • 放デイ・児発のマーケット全体像がわかる!
  • 開設後を見通した準備項目がわかる!
  • 開設準備のつまずきポイントと対策がわかる!
  • そのほか、資金調達・黒字化のための収益計画作成のコツがわかる!
  • 動画で施設見学ができる!…etc

発達ナビ_新規開設セミナー満足度

新規開設の幅広い知識・経験をもった専任スタッフがノウハウを丁寧にお伝えし、疑問や不明点にもお答えいたします。

お持ちのパソコンやスマートフォンを使って、全国どこからでもセミナーへ無料参加できます。その他にも、新規開設専任スタッフと具体的な開設の相談ができる個別相談も実施しています。放デイ・児発の開設を検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

セミナーお申し込みボタン


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!