【2018年報酬改定】放デイ・児発における加算(スタッフ)に関する改定まとめ

2018年度の報酬改定にともなって、スタッフに関する加算として、より専門性の高い人材(資格で判断)を配置している施設を評価する流れになりました。

この記事では、報酬改定のあったスタッフに関する加算について、改定前と改定後を比べてご紹介します。

①指導員加配加算の見直し

従前

児童指導員等加配加算の見直し前(指導員加配加算)の単位数の画像

見直し後(児童指導員等加配加算に名称変更)

児童指導員等加配加算の見直し後の単位数の画像

算定要件等は「児童指導員等加配加算とは?」をご確認ください。

 

➁特別支援加算の見直し

従前

  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士又は心理指導担当職員を配置して機能訓練又は心理指導を行った場合は、25単位/日となります。

見直し後

  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理指導担当職員、看護職員、視覚障害者の生活訓練を専門とする技術者の養成を行う研修を修了した者を配置し、機能訓練又は心理指導を行った場合は、54単位/日となります。

算定要件等は「特別支援加算とは?」をご確認ください。

 

➂強度行動障害児支援加算の新設

強度行動障害児支援加算の新設の画像他害や自傷行為が起きやすいお子さまに対し、強度行動障害支援者養成研修修了者がサービスを提供した時に算定ができる加算が新設されました。1日につき155単位です。

算定要件等は「強度行動障害児支援加算とは?」をご確認ください。

※強度行動障害支援者とは?

  • 他害や自傷行為が起きやすいお子さまへの適切な支援を推進するため、強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)を修了した職員のことです。
  • 東京都の場合、公益財団法人東京都福祉保険財団が東京都より委託を受けて、強度行動障害支援者養成研修を実施しています。

 

法改正・報酬改定にスムーズに対応するためには?

放デイ・児発の運営では、法改正・報酬改定にスムーズに対応することが不可欠です。

いくつかある請求支援ソフトの中でもLITALICO発達ナビの請求支援ソフトは、1,900施設の運営をサポートする中で、現場の声を反映し、使い勝手を重視した設計で開発しています。

法改正・報酬改定にもスピーディーに対応しています。

そのほかにも、LITALICOの100教室直営のノウハウを活かして、

  • 開設専門アドバイザーによる放デイ・児発の開設サポートパック
  • LITALICO発達ナビのサイトで施設ページの作成
  • 施設ページでの利用者の募集
  • 7,000以上の教材プログラム
  • 人材紹介と求人サイト
  • 各種研修動画
  • らくらく請求ソフト

などのサービスをご提供しています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!

放デイ・児発専用

請求支援ソフト!

過誤、返戻、月遅れ請求にも対応!
100教室以上の運営実績で開発した請求ソフトで
請求業務を楽にしませんか?

資料を取り寄せる