「放デイ・児発」における強度行動障害児支援加算とは?

児童福祉サービスでは、他害や自傷行為が起きやすいお子さまを支援する場合があり、本人の生活の質を向上させるために、特別に配慮された支援が必要になります。

強度行動障害児支援加算とは、強度行動障害支援者養成研修修了者が、上記のような他害や自傷行為が起きやすいお子さまにサービスを提供した時に算定できる加算です。

強度行動障害とは?

  • 「精神科的な診断として定義される群とは異なり、直接的他害(噛み付き、頭突き等)や、間接的他害(睡眠の乱れ、同一性の保持等)、自傷行為等が通常考えられない頻度と形式で出現し、その養育環境では著しく処遇の困難な者であり、行動的に定義される群」
  • 「家庭にあって通常の育て方をし、かなりの養育努力があっても著しい処遇困難が持続している状態」

と定義されています。

 

算定要件

  • 他害や自傷行為が起きやすいお子さまへのサービス提供であること
  • 強度行動障害支援者養成研修の修了者によるサービス提供であること

強度行動障害児支援加算の算定にあたって、施設職員は強度行動障害支援者養成研修を受講する必要があります。強度行動障害支援者養成研修とは、他害や自傷行為が起きやすい者に対して、様々な障害福祉サービス施設において適切に支援が行えるよう、支援者に基礎的な知識と技術に関する情報を提供する研修です。平成25年度から厚生労働省の施策として「強度行動障害支援者養成研修事業」(基礎研修)が実施されています。

また加算の算定対象であるお子さまかどうかは、下記の行動障害が見られる頻度等をそれぞれの表の1点から5点の欄までに当てはめて算出した点数の合計が20点以上であると市町村が認めたお子さまになります。

強度行動障害スコア

強度行動障害スコアの画像

単位数

  • 155単位/日が加算されます。

例えば、平日のみ開所の区分1-1の放課後等デイサービス(656単位)で、算定対象となるお子さま1名が月に10回利用している場合、(等級は10円と仮定)

  • (基本報酬656+加算なし)×1人× 10日×10円(等級)=65,600円
  • (基本報酬656+155単位)× 1人× 10日×10円(等級) =81,100円

となり、一例ですが、強度行動障害児支援加算の取得により、約1.5万円も施設の収益に差が生まれることが分かります。

 

加算対応以外の重要事項について

放デイ・児発の運営においては、加算の対応はもちろん重要ですが、

  • WEBサイトでの利用者の募集
  • 教材プログラムの整備
  • スタッフの採用と育成
  • 給費の保険請求

も大切です。

LITALICO発達ナビでは、1,900施設の運営をサポートする中で現場の声を反映しながら、

  • 開設専門アドバイザーによる放デイ・児発の開設サポートパック
  • LITALICO発達ナビのサイトで施設ページの作成
  • 施設ページでの利用者の募集
  • 7,000以上の教材プログラム
  • 人材紹介と求人サイト
  • 各種研修動画
  • らくらく請求ソフト

などのサービスをご提供しています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!

放デイ・児発専用

請求支援ソフト!

過誤、返戻、月遅れ請求にも対応!
100教室以上の運営実績で開発した請求ソフトで
請求業務を楽にしませんか?

資料を取り寄せる