コロナ禍の業務負担軽減に!-1,900施設をサポートする発達ナビ請求ソフトで業務効率化と経費削減

新型コロナの流行により、従来の業務に加えて、衛生管理、オンライン支援の準備・実施等、現場の負担増の現状。現場の負担を軽減するには、ICTで業務を効率化することが効果的で、請求ソフト導入によって660分もの業務時間削減のデータも!

今回は、現場の声から生まれた発達ナビの請求ソフトのコロナ禍での強みや特徴についてご紹介します。

 

目次

660分削減!ICT導入で、優先すべき業務に集中しやすい環境を

請求・事務作業をICTで効率化ーその結果生まれた時間が、コロナ禍の今必要

活用メリット!活用で現場がどう変わる?7つの事例

-❶ 返戻、過誤、月遅れ請求にも対応
-❷ 業務日報がそのまま利用実績に!
❸ すぐ探せる!支援内容
-❹ 加算の記載漏れゼロに!
-❺ 煩雑な上限管理もらくらく!
-❻ 実地指導対策にも効果的!
-❼ クラウド保存なので請求担当の急なお休みでも慌てない

安心して簡単に使える設計とサポート体制

-PCが苦手な方でも大丈夫!
-すぐに相談できる!安心のサポート体制

お子さまの利用募集や研修・教材などのオプションも

 

660分削減!ICT導入で、優先すべき業務に集中しやすい環境を

660分削減!ICT導入で、優先すべき業務に集中しやすい環境をの画像

現在新型コロナウイルスの影響により、放課後等デイサービスや児童発達支援では

  • 通所されるお子さまに対する支援や感染対策の徹底
  • 通所ができないお子さまへ継続的な支援の実施
  • コロナ禍における保護者さまとの連携
  • コロナ特例措置による請求業務の煩雑化 など

現場での対応事項が急増しています。

このように働く職員の負担が増えることで、健全な施設運営の実施が難しくなる可能性もあります。働く職員の負担を減らすためにも、ICT導入等がおすすめです。

従来から、直接支援以外の生産性向上や業務効率化を図ることは、支援の質の向上に直結するため、厚労省・経産省から生産性向上のIT導入補助金、ペーパレス化の推進事業などの後押しがされています。

また厚労省での「障害福祉サービス事業所における生産性向上に関する調査研究」によると、例えばICT導入によって請求業務が約660分削減できると報告されており、これは人件費換算では約7万円/月分となるためコスト削減にもつながります。

660分の時間を削減できれば、コロナ禍で対応すべき業務にその時間を充てることができ、結果として職員の負担の軽減になります。

参考:厚労省,「障害福祉サービス事業所における 生産性向上に関する調査研究(平成31年3月版)

 

LITALICO発達ナビの請求ソフトについて
実際の画面など詳しく知りたい方はこちらをクリック!

LITALICO発達ナビ請求ソフトの画像

 

請求・事務作業をICTで効率化ーその結果生まれた時間が、コロナ禍の今必要

放課後等デイサービスや児童発達支援の現場からは、新型コロナウイルスの影響により、通所できないお子さまへの継続的な支援準備や実施に時間がかかったり、衛生管理として毎日の消毒で時間を取られたりして、事務作業の時間が確保できない、といった声もよくお伺いします。

コロナ禍で、お子さまへの支援(サービス提供)以外にも対応すべき業務の増加、またそれらに多くの時間が割かれている状態を改善したいと考え、LITALICO発達ナビでは1.900施設の運営をサポートする実績を生かしながら、日々の支援業務に効率的に請求業務を組み込むことで、負担をぐっと軽減するための請求ソフトを開発しました。

 

活用メリット!活用で現場がどうかわる?7つの事例

❶ 返戻、過誤、月遅れ請求にも対応

コロナ禍で実績記録表の捺印を郵送等でいただく場合、もし不備があれば月遅れ請求になる場合も。請求支援ソフトは、月遅れ請求にもバッチリ対応!どうしても発生してしまう返戻、過誤にも対応しています。

❷ 業務日報がそのまま利用実績に!

業務日報(業務日誌)はその日の来所予定がある利用者様が自動で反映されます。そこに利用時間を記入すれば実績も反映されるので、確認作業もぐっと楽に。またアクシデント発生時や保護者への連絡事項の情報共有も簡単になります。

❸ すぐ探せる!支援内容

紙で支援記録の管理をしていると、どうしても量が多くなり、いつどんな支援をしたか探すのも大変。データで支援記録をしていけば、知りたい情報をすぐに検索することができます。

❹ 加算の記載漏れゼロに!

実績を記録する際、取りたい加算を選択すると自動で算定の必須項目が表示。記入漏れなどが発生しにくく、どの項目が必須なのかを確認する手間も省けます。

❺ 煩雑な上限管理もらくらく!

煩雑な上限額管理も事前の入力だけで毎月自動で計算されるので大幅に作業時間が短縮。また事業所ごとに入力可能、複数児童の登録にも対応しています。

❻ 実地指導対策にも効果的!

全てデータで更新・管理されているので、利用者情報の更新や、記入漏れの確認など、直前に慌てて作業する必要がなくなります。

❼ クラウド保存なので請求担当の急なお休みでも慌てない

クラウド上でデータ化されているので、誰がどこまで作業したかの記録も残って安心。万が一パソコンが壊れてもIDとパスワードがあれば安全に別のPCからアクセスすることができます。

 

 

安心して簡単に使える設計とサポート体制

安心して簡単に使える設計とサポート体制の画像

ただこの時期にいきなり導入しても請求できるか不安…という方にも安心して導入いただけるよう、コロナ禍でもLITALICO発達ナビの請求ソフトは、サポート体制が充実しています。

PCが苦手な方でも大丈夫!

どんなに機能が充実していても、使いこなすために時間がかかってしまっては本末転倒です。そこで、PCスキルに関わらず誰でも直感的に操作できるよう、画面の移動を最小限に、ボタン配置、デザインの親しみやすさも工夫しています。

すぐに相談できる!安心のサポート体制

事業の運営に欠かせない請求ソフトの移行は、便利になるとはいえ不安がつきものです。LITALICO発達ナビの請求支援ソフトは利用サポートを無料で受けられる安心のサポート体制。メールやお電話での対応に加え、遠隔での操作説明、訪問サポート、マニュアル、動画などもご用意しております。

参考:【公式】LITALICO発達ナビの請求支援ソフトとは?機能・評判を解説

 

LITALICO発達ナビの請求ソフトについて
実際の画面など詳しく知りたい方はこちらをクリック!

LITALICO発達ナビ請求ソフトの画像

 

お子さまの利用募集や研修・教材などのオプションも

LITALICO発達ナビでは請求支援ソフトのほかにも、日本最大級の発達障害ポータルサイト『LITALICO発達ナビ』での利用者募集のための施設紹介ページ作成や、7000以上の教材プログラムや研修動画サービス、スタッフの採用支援などを行なっており、全面的な施設サポートが可能です。

参考:【コロナ対策】通所できないお子さまへー実践エリアもある!「オンライン支援」の実績算定ノウハウ

 

コロナ対応・緊急バージョンアップ!
「感染防止対策ありの通所型支援プログラム」と「オンライン専用の教材」を追加開発!

 

感染防止に配慮した研修教材サービスバナーの画像

お問い合わせ・お申込みはこちらから!


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!