放課後等デイサービス・児童発達支援の採用方法・媒体・ルートを徹底解説!

放デイ・児発事業では、人材の採用方法・媒体・ルートが一般企業と異なります。そのため、立ち上げ間もない施設や、採用経験の少ない施設では、どのように人材を採用すればいいか分からない場合があるのではないでしょうか。

この記事では、放デイ・児発の人材の採用方法・媒体・ルートについてご紹介します。

児童福祉施設に必要な人材

放デイ・児発において必要な人材は、人員基準・支援方針・加配加算によって決まります。

多くの施設では正社員の採用において、以下の採用が最優先事項になります。

  • 児童発達支援管理責任者
  • 保育士

また、以下の児童指導員任用資格者の採用も重要です。

  • 小中高教員免許
  • 心理・教育・社会・社会福祉学などの学部・学科卒
  • 児童福祉事業での実務経験2年以上
  • 社会福祉士/精神保健福祉士

また、支援方針によっては、専門職の方も採用対象になります。

  • OT(作業療法士)
  • PT(理学療法士)
  • ST(言語聴覚士)
  • 看護師

これらの有資格者や児童福祉業界への就職希望者が採用対象となります。

 

児童福祉業界はリファラル採用が中心

リファラル採用とは、簡単にいうと「縁故採用」です。

自社ですでに働いている社員からの人材の紹介や推薦による採用方法のことをいいます。

  • 自社社員による推薦や紹介なのでミスマッチが少ない
  • 採用コストがかからない

上記のメリットがあるため、児童福祉業界では、第一に行われる採用手法となっています。

 

ハローワークは費用はかからないけど人が集まりにくい

リファラル採用の次に児童福祉業界で使われている採用ルートが「ハローワーク」です。

ハローワークのメリット

  • 求人の掲載が無料
  • 長期間の求人掲載もできる

ハローワークのデメリット

  • 管轄する地域の情報しか求人が出せない
  • 労働人口が少ない地域では、応募者が集まりにくい
  • 優秀な人材に出会える確率が低くなる場合もある

 

新卒採用はアルバイト経由が多い

児童福祉業界では新卒採用もよく行われています。

大手の場合は採用サイトに掲載して募集するケースもありますが、
中小の場合では学生アルバイトからそのまま採用・就職になるケースもあります。

もしくは、実習を受け入れて、そのまま採用・就職にあるケースもあります。
(アルバイトや実習を経た採用は、ミスマッチが起きにくい手段でもあります)

 

放デイ・児発の職員採用でよく使われる3つの求人媒体

放デイ・児発の職員採用でよく使われる3つの求人媒体の画像

リファラルとハローワークでは必要な人材が充足しなかった場合に、
放デイ・児発の事業所がよく活用する採用媒体が、以下の3つになります。

  1. Indeed
  2. ジョブメドレー
  3. LITALICOキャリア

➀Indeedは広告を出稿するのが難しい

Indeedは世界最大の「求人情報検索サイト」で、簡単にいうと「求人情報のGoogle」です。
「キーワード」と「勤務地」を入力すれば、求人情報サイトや企業のホームページにある
求人情報、ハローワークの求人情報などのあらゆる求人情報を一括で検索できます。

Indeedを効果的に活用する方法は二つあります。

一つ目は、Indeedが指定するデータフォーマットで求人情報のデータを送ることです。
検索された時に上位に表示されやすくなり、閲覧数が増えやすくなります。

二つ目は、Indeedで上位で表示される広告枠を買うことです。費用を払って出稿することで、検索上位に表示されるので閲覧数が増えやすくなりますが、広告を出したい検索キーワード・条件の設定や運用が難しい場合があります。

この設定を引き受ける代理店はあるのですが、放デイ・児発の場合はそもそもの採用予算や
規模が小さい場合が多く、代理店に対応してもらえないケースが多いのが難点です。

➁ジョブメドレーとLITALICOキャリア

多くの放デイ・児発の施設で、ジョブメドレーとLITALICOキャリアが利用されています。

Indeedに比べ、以下のメリットがあるためです。

  • きちんと担当者がついて対応してもらえる
  • 有資格者や業界希望者にアプローチができる

ジョブメドレーは「医療介護の求人サイト」であるため、求職者の児童福祉への転職意欲が高くないというデメリットはありますが、スカウトメール機能があります。

資格・年齢・地域などで条件を切って、スカウトメールを送ることができるため、ターゲットに絞ってアプローチすることができます。

LITALICOキャリアは「福祉領域に特化した求人サイト・人材紹介サービス」のため、児童福祉への転職意欲が高い人材や有資格者が多いのがメリットです。

まだ、スカウトメールを送る機能はありませんが、今後用意されることが期待されます。

まとめ

放デイ・児発の採用では、まずはリファラル採用を進めましょう。

そして、採用活動に人と時間を割けるのであればIndeedを、そうでなければLITALICOキャリアを使うのがおすすめです。

また、LITALICO発達ナビでは、1,900施設の運営をサポートする中で現場の声を反映しながら、

  • 開設専門アドバイザーによる放デイ・児発の開設サポートパック
  • LITALICO発達ナビのサイトで施設ページの作成
  • 施設ページでの利用者の募集
  • 7,000以上の教材プログラム
  • 各種研修動画
  • らくらく請求支援ソフト

などのサービスもご提供しています。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!

1施設問合せ実績30件/年!の利用者募集サイト

情報発信支援サービス!

1,900施設以上が活用中!
月間60万人が訪れるポータルサイト「発達ナビ」で
利用者募集しませんか?

資料を取り寄せる