【 新着記事 】新型コロナウイルスの拡大で小・中・高校・特別支援学校休校へ――放デイ利用の子どもたちは…

2020年2月27日、政府は学校での感染リスクに備えるためとして、2020年3月2日から春休みまでの臨時休校を要請、 これを受け、各自治体は臨時休校とするかの判断を行うこととなりました。 児発・放デイを活用している子どもたちの昼間の居場所は…

新型コロナウイルスに関連した児発・放課後デイ運営に関わる、最新情報等についてお伝えします

全国の小・中・高校、特別支援学校が休校検討――2020年2月27日の政府要請

2020年2月27日、政府より学校での感染リスクに備えるためとして、2020年3月2日から春休みまでの臨時休校の要請があり これを受け、各自治体は臨時休校とするかの判断を行うことに。

全国約23万人、放デイを利用している子どもたちが日中過ごす場所は――

その後、厚生労働省からは保育所や放課後児童クラブ(学童保育)放課後等デイサービスについては開所の方針が出されました。
放課後等デイサービスについては、特別支援学校等に在籍する障害のある幼児児童生徒(以下「幼児児童生徒」という。)が利用するものであり、当該幼児児童生徒 には、保護者が仕事を休めない場合に自宅等で1人で過ごすことができない幼児・児童生徒がいることも考えられることから、感染の予防に留意した上で、原則として開所していただくようお願いするとともに、開所時間については可能な限り長時間 とするなどの対応をお願いすること。

参考:厚労省,新型コロナウイルス感染症防止のための学校の臨時休業に関連しての放課後等デイサービス事業所等の対応について

体温測定を徹底する等、求められる事業所内の感染症予防

幼児児童生徒の受入れに当たっては本人・家族又は職員が本人の体温を計測し、発熱が認められる場合には利用を断る取扱いとし、 過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後 24 時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとすることを改めて周知すること。

参考:厚労省,新型コロナウイルス感染症防止のための学校の臨時休業に関連しての放課後等デイサービス事業所等の対応について

 

学校が臨時休校日の放デイ利用は基本報酬における「休業日」 にあたる

学校が臨時休校日の放デイ利用は基本報酬における「休業日」 にあたるの画像

放課後等デイサービスや児童発達支援事業所の開所については、各自治体や各事業所の判断によるため 近隣学校の判断、保護者さまからのご要望によっては午前中からの開所、送迎時間の調整、閉所等、様々な検討があると思います。

学校が臨時休校の日に放課後等デイサービスを利用する場合は基本報酬の単価が変わるため、利用しているお子さまの通っている学校の休校確認が必要です。

参考:厚労省,新型コロナウイルス感染症防止のための学校の臨時休業に関連しての放課後等デイサービス事業所等の対応について

 

臨時休業日に放課後等デイサービスの支援を提供した場合にあっては、
「平成 27年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A(平成 27 年3月 31 日厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)」 問 69 においてお示ししている通り、休業日扱いで基本報酬を算定してよい取り扱いを改めて周知すること。

平成 27 年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A(抜粋)

問 69 放課後等デイサービスの基本報酬における休業日とは何を指すのか。 具体的には以下のことを指す。

・学校教育法施行規則第 61 条及び第 62 条の規定に基づく休業日(公立学校にお いては、国民の祝日、日曜日及び土曜日、教育委員会が定める日、私立学校に おいては、当該学校の学則で定める日)

・学校教育法施行規則第 63 条等の規定に基づく授業が行われない日、又は臨時 休校の日(例えば、インフルエンザ等により臨時休校の日) なお、学校が休業日ではない日に、放課後等デイサービスを午前から利用した 場合であっても、休業日の取扱いとはしない。

 

厚生労働省:参考リンク

 

 

コロナ対策の情報発信以外にも

児童発達支援・放課後等デイサービスの開設・運営をサポート!

 

LITALICO発達ナビ請求ソフトの画像  感染防止に配慮した研修教材サービスバナーの画像

LITALICO発達ナビ情報発信支援の画像  LITALICO発達ナビ新規開設サポートパックの画像

 

 

 

 


<Facebookで最新情報をチェック!>

施設運営に関するお役立ち情報や、発達ナビのセミナー・イベントの最新情報を配信中です!ぜひフォローして、チェックしてみてください!

フォローはこちらから!